Header
新規登録
全角、半角に注意して入力してください。
半角カタカナは使わないで下さい。
*)付きの項目は入力必須項目です。

原稿情報
言語*
タイトル*
※PDFと同じにしてください。
アブストラクト*
※PDFと同じにしてください。
キーワード1*
キーワード2*
キーワード3*
投稿のきっかけを教えてください*
(例:上司からの紹介/知人からの紹介/DPを読んで/など)

連絡者情報
連絡者氏名*   名
勤務先
部課名/学部名/専攻名
研究室名/気付
郵便番号* -
住所*
ビル名等
TEL*
FAX
e-mail*
確認用e-mail*

著者リスト ※PDFと同じにしてください。
  ミドルネーム 勤務先 会員/非会員 会員番号
著者1*
著者2
著者3
著者4
著者5
著者6
著者7
著者8
著者9
著者10

チェックリスト

DPレポートの狙いと目的 – チェック前にご一読願います

DPレポートは、実務活動に関する経験の共有を促進する役割を担い,情報技術の実践者(以下,実務家という)の経験・ノウハウ等を公開し,実務家にとって有用な知識・手法・手段の迅速な共有化を目的としています。

このため、DPレポートの審査のポイントは下記のとおりとなっています。
  • 情報処理技術に関連する著者自身の実践に基づく報告であり,日本語または英語による原稿であること
  • 内容が特定企業・製品の広告宣伝となっていないこと
  • 十分に推敲されており,論旨不明確な部分や,誤字・脱字等がなくそのまま掲載しても問題のない原稿になっていること
  • その他DPレポートとして相応しくない表現・内容を含んでいないこと

DPレポートは上記の簡単な審査のみ(査読なし)で投稿された原稿がそのまま Web上に掲載されます.
著者校正は行いません.したがって投稿前に,以下の項目を十分にチェックして ください.

1.投稿原稿に記載したプラクティスについて
 
記載されている章節項
情報処理技術の実践の概要を簡潔に要約してください
 
記載されている章節項
プラクティスの概要を簡潔に要約してください
2.原稿の記述についての確認
 
記載されている章節項
事例・データの概要について簡潔に要約してください
論文の構成や表現について
*1:「情報処理学会デジタルプラクティス」創刊に当たって
  https://www.ipsj.or.jp/dp/info/foreword.html
*2:プラクティス論文のプラクティスについて
  https://www.ipsj.or.jp/dp/submit/dp-kijun.html

著作権について
著作権* 著作権について(https://www.ipsj.or.jp/copyright/ronbun/index.html)をよくお読みいただき、同意ボタンを押してください。
本学会に投稿される論文等(本学会発行の出版物に投稿される論文、解説記事等及び本学会に投稿される研究報告、シンポジウム・全国大会などの予稿等を含む。以下あわせて論文等という。)の著作権は、本学会に最終原稿が投稿された時点から原則として本学会に帰属します。