開催趣旨

 

watanabe_photo

日本水産学会は昭和7年(1932年)2月27日に、水産の学理と技術に関する諸業績を網羅収録した雑誌、ならびに学術研究の発表と批判・指導の場の重要性を鑑みて設立されました。本学会は平成29年(2017年)に丁度、創立85周年を迎えることになります。
そこで、本学会は平成29年(2017年)に創立85周年記念事業を行うべく、記念事業委員会を立ち上げました。この記念事業では、記念式典の実行、国際シンポジウムの開催、研究の動向の編集、資料編纂、水産学用語辞典の編集などを行います。創立85周年記念式典は平成29年9月21日(木)に東京大学伊藤国際学術センターにて開催されます。また、研究の動向の編集や資料の編纂では、2011年に同時に経験した日本水産学会の公益法人化と、東日本大震災によって生じた水産業の壊滅的な被害に対する全会員の総力を結集しての復興支援という、最近の激動期の活動を含めて創立70周年記念事業後の15年分の水産学の発展と本学会の歴史を取りまとめます。さらに、国際シンポジウムを同年9月22日(金)〜24日(日)に東京海洋大学で開催します。この国際シンポジウムでは「Fisheries Science for Next Generations」をテーマに、国内外で1400名程度の参加者を計画し、特に大学院生を含む若手の研究者の参加を積極的に押し進めます。また、海外からの水産関係の著名研究者の招待講演も計画しており、今後のわが国の水産学の将来を担う人材の養成に邁進する予定です。この国際シンポジウムは平成20年(2008年)に第5回世界水産学会議を主催して以来の大きな大会となります。さらに、水産学用語辞典編集委員会では用語辞典のデジタル化を目指します。この創立85周年記念事業を成功させるためには、会員並びに関連業界の諸企業、諸団体、関係各省庁、自治体、高等教育機関などからのご支援、ご協力が必要です。何卒、本事業の趣旨に深いご理解とご賛同を賜り、格別のお力添えを賜りますようお願い申し上げます。


平成28年4月
公益社団法人日本水産学会創立85周年記念事業委員会
委員長 渡部終五