重要なお知らせ

2019年の春季大会の口頭発表時間 15分:講演12分+討論3分 となります。
※講演時間が変更になりました。ご注意ください.

2019年春季大会開催期間: 平成31年3月26日(火)〜29日(金)に変更になります。
※ご注意ください.

更新履歴

2019.2.19 NEW: Participant Guideline for SDG program session and Access to venue and Meeting Site Map is available from here.

2019.3.5 大会日程表・講演プログラムアップいたしました.
2019.2.15 事前参加申込・講演要旨集購入申込締め切りました.
2019.1.25 研究発表申込・高校生ポスター発表・SDGs英語セッション投稿締め切りました.
2018.12.11 投稿登録サイトオープンいたしました.
2018.12.10 会告サイト公開いたしました.

I.英語による発表部門の創設について

平成31年度春季大会大会委員長  岡﨑惠美子(海洋大院)
国際交流委員会委員長  萩原 篤志(長崎大院)

 平成31年度日本水産学会春季大会(開催期間:平成31年3月26日〜29日、会場:東京海洋大学品川キャンパス)では,大会実施事務局と国際交流委員会との共同により、新たな試みとして英語によるセッションを開催いたします。日本語での講演と質疑が主体となっている日本水産学会大会の中で、英語で講演を行う会場を新たにひとつ設けることにより、留学生を含めた国内外の外国人研究者の参加を増やして国際交流の推進に役立てると共に、若手や大学院生を含めた日本人研究者の英語での発表の機会を年次大会の中でつくっていこうとするものです。従来からの部門に加え,「8.持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals; SDGs) と水産学研究」の部門を設けます。本部門での発表における使用言語はすべて英語となります。本部門の詳細は以下のとおりです。

1.テーマ:Sustainable Development Goals (SDGs) and Fisheries Science


2.発表者

日本水産学会会員(日本人、外国人、学生会員を含む)、外国からの研究者および学生(アメリカ水産学会、イギリス諸島水産学会、韓国水産科学会、中国水産学会の各会員)、および非会員(本部門に限ります)


3.使用言語:英語


4.内容:以下に挙げた研究領域における水産学研究に関連するすべての発表を対象とします。

「貧困の撲滅、飢餓撲滅・食料安全保障、健康・福祉、万人への質の高い教育・生涯学習、ジェンダー平等、水・衛生の利用可能性、エネルギーへのアクセス、包摂的で持続可能な経済成長・雇用、強靭なインフラ・工業化・イノベーション、国内と国家間の不平等の是正、持続可能な都市、持続可能な消費と生産、気候変動への対処、海洋と海洋資源の保全・持続可能な利用、陸域生態系の保護・森林管理・砂漠化への対処・生物多様性、平和で包摂的な社会の促進、持続可能な開発のための実施手段の強化とグローバル・パートナーシップの活性化」

5.登録方法

従来どおり大会HPからWeb登録をしていただきますが、本部門での発表を希望する方は、会員、非会員ともにI-1 Special Session in Englishのページからすべての登録を行ってください。

なお、本大会においては、同一発表者が行うことのできる発表件数は最大2件となっています。したがって、本部門での発表も一人当たり2件までとなります。他部門で日本語による発表を2件行う方は、本部門での発表は認められませんが、他部門での日本語による発表1件と本部門での発表1件の組み合わせは認められます。

II.平成31年度日本水産学会春季大会の案内

1.申し込みについて

事前のWEBからの登録は締め切りました。今後は大会会場にて当日登録をお願いいたします。

賛助会員からの参加者については,1団体につき2名まで招待者とし,これらの方々には演者として発表していただくこともできます。また,理科・社会科教育支援の一環として,高校生以下の方は付き添いの先生を含めて無料で参加できます。

2.日時および会場

日時:平成31年3月26日(火)〜3月29日(金)
会場:東京海洋大学品川キャンパス(〒108-8477 東京都港区港南4-5-7,大会会場交通案内図参照)
会場は8時から入場できます。

3.締切期日

1)研究発表される方
平成31年1月25日(金)
必着
研究発表申し込みと講演要旨提出の締切日は,いずれも平成31年1月25日(金)です(ホームページ経由)。
①参加申し込み
②研究発表申し込み
③大会参加費・会員交歓会費などの送金
④講演要旨原稿の送付

2)研究発表されない方
平成31年2月15日(金)
必着
①参加申し込み
②大会参加費・会員交歓会費などの送金
③大会不参加者の講演要旨集購入の申し込み・送金

4.大会実行委員会

大会委員長 :岡﨑惠美子(東京海洋大学学術研究院)
問い合わせ先:〒108-8477 東京都港区港南4-5-7東京海洋大学学術研究院
総務担当 石崎松一郎 E-mail:jsfs2019spring@gmail.com

5.日 程(予定)

3月26日(火)
理事会,シンポジウム,ミニシンポジウム
3月27日(水)
口頭発表,ポスター発表,学会賞選考委員会
3月28日(木)
口頭発表,ポスター発表,高校生による研究発表,総会,学会賞・論文賞授賞式,日本水産学会賞受賞者講演,理事会,会員交歓会
3月29日(金)
口頭発表,ポスター発表,学会賞(水産学進歩賞,他)受賞者講演

大会中(開催日は『各種各種委員会の開催について』をご参照ください.)

編集委員会,水産教育推進委員会,漁業懇話会委員会,水産環境保全委員会,水産増殖懇話会委員会,水産利用懇話会委員会,シンポジウム企画委員会,国際交流委員会,水産学若手の会 等

6.技術士CPD行事参加票について

技術士CPD行事参加票が必要な方は,大会受付にお問い合わせください。

7.その他

 ペットボトルのような飲料由来のプラスチックごみ減少に貢献すべく、本大会期間中(平成31年3月27日〜29日)(予定)、 マイボトルのレンタルサービスを実施いたします。レンタルブースを講義棟35番講義室に設置しますので、 ブースにてマイボトル(水筒)の貸出を申し出ていただくと、中に詰める飲み物の提供を受けることができます。 利用後は、マイボトル(水筒)を返却して下さい。
 予告を変更する場合があります。テストマーケティング位置づけのためアンケートのご協力をお願い致します。 なお、本サービスは株式会社東京久栄が実施いたします。