セッション番号54
セッション名最新の振動騒音技術V
The Latest Noise and Vibration Technologies V
表題制動性能・作動音の両立に向けたブレーキアクチュエータ作動音の強制力予測技術開発 
著者中津川 英治・石崎 啓祐・大澤 司(トヨタ自動車) 吉岡 信彦・高橋 淳(アドヴィックス) 早川 夏人・小林 侑磨(デンソー)
抄録人命に関わるブレーキシステムにおいて、電動化による暗騒音の低下や自動ブレーキ搭載車種の増加に伴い、アクチュエータ作動音の要求は厳しくなる。そこで、作動音発生メカニズムを明確にすることで、企画段階から制動性能と作動音に寄与する強制力を予測できる1DとFEMを組み合わせたシミュレーション技術を構築した。