発表申込み
FAQ(よくある質問と回答)
本ページには、Web講演申込システムを利用して演題登録される方からよくある質問と回答を掲載しております。
■WEB申込の前に
  1. 学会に入会したい。
  2. 入会手続き中で、まだ会員番号のない方
  3. 会員番号を忘れてしまった。
■WEB申込作業に関して
  1. 登録内容を確認したい。
  2. 画面がうまく進まない。登録・送信できない。
  3. 文字が枠内に入りきらない。
  4. 改行を入れたい。
  5. 登録時発行された受付番号、パスワードがわからない。
  6. 登録を終えたのに電子メールでの登録確認が届かない。
  7. 電子メールに文字化けがある。
  8. 登録するのに時間がかかり、接続料金がもったいない。
  9. 作業を途中で中断すると入力内容が全部消える。
  10. 文章が途中で切れている。
  11. 重複して登録してしまった、登録を取り消したい。
  12. 入力項目が多すぎる。会員番号を入れたら住所・名前等を出してほしい。
  13. 連番の申込等、入力項目に同じ内容がある講演を効率良く登録したい。
PDF論文投稿(送信)に関して
  1. PDFファイルの作成方法がわからない、うまくいかない、ファイルサイズが大きい。
  2. PDFファイルがうまく送信できない
  3. 作成したPDFをプリントすると,サイズが小さくなってしまう
  4. 送信したPDFファイルを確認したい。
  5. 送信したPDFファイルを差し替えたい。
  6. どうしてもAcrobatが必要ですか?(Windows, Macintoshを使用)
  7. TeXからPDFに変換する方法(UNIX系)
  8. TeXからPDFに変換する方法(Windows, Mac)
  9. TeX・LaTeXで標準のComputer Modern (cm)フォントを使いたい。
■WEB申込システムについて
  1. "登録"ボタンを押したのに反応がない。
  2. "登録"のボタンを押すと入力したはずの必須項目が消えて、登録できない。
  3. 手順通りうまく登録できない。
  4. 混雑して登録できないということはないのか?
  5. セキュリティは大丈夫なの?

Q1:学会に入会したい。
A 入会手続きを済ませてからお申込下さい。ホームページよりオンライン申込が可能です。
戻る

Q2:入会手続き中で、まだ会員番号のない方
A 12月末日までに会費を納入いただいた方は、会員証が届くのをお待ちくださ い。上記以外の方は、地盤工学会事務局(jgs53@jiban.or.jp)までお問合せく ださい。
戻る

Q3:会員番号を忘れてしまった。
A 会員証、会員名簿をご覧いただくか、学会事務局へご確認ください。
戻る

Q4:登録内容を確認したい。
A トップページの"確認・修正"から、登録内容の確認ができます。
戻る

Q5:画面がうまく進まない。登録・送信できない。
A お使いのブラウザが古いバージョンであることが予想されます。
特にInternet Explorerは3.X以下ですと画面が進まないことが確認されています。Internet Explorerは10.0以降をご使用ください。
また回線の混み具合や突発的なメンテナンス作業によって送信できないことが発生する可能性があります。恐れ入りますが時間を置いて再度ご登録ください。締切間際には大変な混雑が予想されますので、早い時期のご登録をお願いいたします。
戻る

Q6:文字が枠内に入りきらない。
A 枠はあくまで見えている範囲にすぎませんので気にせず入力して下さい。但し抄録など文字数制限のある項目は制限をお守りください。(日本語300字または英語100ワード程度)
戻る

Q7:改行を入れたい。
A 改行はそのまま登録されます。またHTMLコードの<br>を入れても同様に改行になります。
戻る

Q8:登録時発行された受付番号、パスワードがわからない。
A

修正登録をするには、登録時に発行した「受付番号」「パスワード」が必要です。 いずれかを、忘れてしまった場合は以下の方法で確認して下さい。

  1. 登録時、プリントアウトした確認画面を見る
  2. 登録時、こちらから送信した電子メールの内容を見る

上記1、2の方法がとれない場合は、ご面倒ですがお名前と講演タイトルを記入していただき、jgs-tk@gakkai-web.netまでお問い合わせ下さい。

戻る

Q9:登録を終えたのに電子メールでの登録確認が届かない。
A

電子メールが届いていない理由は以下の場合が考えられます。

  1. 登録時に記入した「電子メールアドレス」が間違っていた
    →トップページにある"確認・修正"から修正画面を開き電子メール項目を修正してください。
  2. 受付番号・パスワードの表示される"確認画面"を出さずに終了してしまった。
    →登録されていない可能がありますので、ご面倒ですが再度ご登録ください。
  3. 正常に登録完了していない。
    → まずトップページの"確認・修正"からご自分の登録したデータにアクセスできるか確認してください。データが表示されれば正常に登録されていますので、こちらの送信サーバーまたはご自身の受信サーバーのどちらかのメールサーバーダウン等、登録時以外の要因が考えられます。時間をおいてアクセスしていただくか、ご自身の環境を再度ご確認下さい。 受付番号とパスワードを入力してもデータにアクセスできない場合は、正常に登録されていない可能性がありますのでご面倒ですが再度ご登録ください。
戻る

Q10:電子メールに文字化けがある。
A 論文タイトル・抄録等にHTMLタグを入れている場合、タグの部分がコードに変換されてしまう現象が起きます。このような場合は登録は正常です。
例:H2O で入力。
  電子メール上の表示→ H&#60;sub&#62;2&#60;/sub&#62;O
これ以外の場合で、文字化けがある場合はご面倒ですがjgs-tk@gakkai-web.netまでお問い合わせ下さい。
戻る

Q11:登録するのに時間がかかり、接続料金がもったいない。
A 登録内容をスムーズに入力するには、事前にワープロ、エディタ等で登録内容を作成しておくと便利です。登録内容をフォームに記入するときに、あらかじめ作成しておいた、テキストからコピーし、それを入力フォームへペーストすれば、長い文章であっても入力はすぐに終了します。入力例を参考に予めご用意ください。
戻る

Q12:作業を途中で中断すると入力内容が全部消える。
A 登録画面に入力しても最後の「登録」ボタンを押すまでは登録されません。 ボタンを押す前に、何らかの理由で接続が中断してしまったり、作業を止めてしまった場合には、もう一度最初から必要事項を入力し、「登録」ボタンを押し登録を完了して下さい。
戻る

Q13:文章が途中で切れている。
A 入力した文字の中に半角のカッコ="<" がないかご確認ください。半角の"<"があるとそれ以降の文がHTMLのタグと認識されてしまいブラウザーに表示されません。半角の"<"を全角の"<"に変更してください。
戻る

Q14:重複して登録してしまった、登録を取り消したい。
A トップページにある"申込み取消"からお取り消しいただけます。
戻る

Q15:入力項目が多すぎる!会員番号を入れたら住所・名前等を出してほしい。
A 技術的には可能ですが、即ちWeb上にそのデータを公開することになり、セキュリティの問題があります。現状の方法とさせていただきました。
戻る

Q16:連番の申込等、入力項目に同じ内容がある講演を効率良く登録したい。
A 1つ目の申込が終了した後、ブラウザの戻るボタンを2度使って入力画面まで戻ることにより、フォームに入力したデータを活かして別の登録を行うことができます。
(その都度新たな登録として扱われますので登録済みデータの修正にはなりません)
戻る

Q17:PDFファイルの作成方法がわからない、うまくいかない、ファイルサイズが大きい。
A PDFの作成方法については、アドビ社のホームページ(http://www.adobe.co.jp)をご覧ください。PDF化がうまくいかない場合はアドビ社のテクニカルソリューションデータベースを参照して下さいファイルサイズの調整方法等含め、PDFの作成方法についてこちらにもご用意しましたのでご覧ください 。
戻る

Q18:PDFファイルがうまく送信できない
A

うまく送信できない場合にはいくつかの原因が考えられます。

■ファイルサイズが1MBを超えている。
PDFの作成方法の中に,ファイルサイズを小さくする方法等を掲載してありますのでこちらをご覧ください。

■送信するファイルの名称やディレクトリー名にカンマやスペースが含まれている。
参照ボタンでファイルを指定する際、指定されたファイルがあるディレクトリー名やファイル名にスペース、カンマ、%、&、"、#、$等があると送信できません。
 -事例-(Windowsの場合)
 ・ファイルがデスクトップにある(デスクトップは半角カナ表示になっています)
 ・ファイルがMy Documentにある(フォルダ名に半角スペースが含まれています)

■PDFファイル以外のファイルを送信しようとしている。
必ず拡張子(.pdf)のついたファイルを送信してください。また、拡張子がついていてもファイルの名前にピリオドを使用していると送信エラーとなります。

■送信している途中でパソコンが止まってしまう。フリーズする。

  • パソコンのメモリが足りない
    →パソコンのメモリ不足によりエラーが発生することがあります。他のアプリケーションを終了してみてください。それでもだめな場合は,恐れ入りますが違うパソコンで行ってください
  • ブラウザのヴァージョンが低い
    →本申込は,InternetExplore 7.0, Netscape 7.0以降を推奨しています。それ以前のブラウザをお使いの場合は新しいヴァージョンのブラウザをご用意ください。
  • 回線状況が悪い
    → こちらのの回線帯域は十分な体制を敷いておりますが,必ずしもこちら側だけの問題ではなくルート全体の混雑が予想されますので,お手数ですが時間をおいて再度ご登録ください。
  • 通信速度が遅い
    →お使いのモデム通信速度が14400bps以下の場合には上手くいかない場合があります。 恐れ入りますが,通信速度の十分なパソコンからお申込ください。
  • (Macintoshの場合)デスクトップの作り直しをしているか?
    →Macintoshは定期的にデスクトップの作り直しを行う必要があります。起動時にoptionとcommandキーを同時に押しながら起動すると,デスクトップの作り直しメニューが表示されますので,実行してください。(詳細は製品マニュアルをごらんください)
※その他予想される要因が数多くありますので,もし可能であれば,別環境下のパソコンで送信してみてください。
戻る

Q19:作成したPDFをプリントすると,サイズが小さくなってしまう
A プリント設定欄の"用紙サイズに合わせる"欄のチェックを外して出力してください。
戻る

Q20:送信したPDFファイルを確認したい。
A

トップページにある" 論文閲覧"からご確認いただけます。ただし原稿はPDFにて送信いただきますので、ご使用中のWEBブラウザでPDFが表示できない(PDFプラグインが無い)場合は表示不可となります。

戻る

Q21:送信したPDFファイルを差し替えたい。
A 受付期間内であれば何度でも差し替えることができますので,トップページから"論文投稿(送信)"へ進んでください。差し替える場合は,以前のファイル名と異なっていても構いません。但し拡張子(.pdf)は変えないでください。
戻る

Q22:どうしてもAcrobatが必要ですか?(Windows, Macintoshを使用)
A

PDFドキュメントを作成するためにはアドビ社のAcrobatが必要ですが,アドビ社製品以外にも下記のような製品版がありますので参考にしてください。但し、下記について製品内容及び動作,変換に関するトラブル等は学会が責任を負うものではありません。

OS ソフト名 価格
WIN Dr.e-printer LE 定価4,800円
WIN DocuCom PDF Driver 定価17,400円
MAC PrintToPDF シェアウェア(20ドル)
戻る

Q23:TeXからPDFに変換する方法(UNIX系)
A

UNIX環境下でTexからPDFに変換する場合はdvipdfmあるいはps2pdfという変換ツールが必要です。詳しい使用方法については下記のサイトを参考にしてください。但し、下記内容及び動作,変換に関するトラブル等は学会が責任を負うものではありません。

■dvipdfm・ps2pdf日本語版
http://www.nn.iij4u.or.jp/~tutimura/tex/dvipdfm.html

戻る

Q24:TeXからPDFに変換する方法(Windows, Mac)
A

LaTeXからPDFを作成するのには以下の2通りの方法があります。

■dvipdfmを利用する方法
  日本語化されたdvipdfmは,非常に良質なpdfファイルをdviファイルから直接
  生成してくれます。
(Windows版) http://www.fsci.fuk.kindai.ac.jp/~kakuto/win32-ptex/web2c73.html

■Acrobat Distillerを利用する方法
  dvipsなどを用いてpsファイルを作成した後,DistillerでPDF化します。
  Windows・Mac環境ではdvipskやdvi2ps-jなどが利用できます。
  詳しくは以下のウェブページなどを参照してください。
(Windows) http://www.fsci.fuk.kindai.ac.jp/~kakuto/win32-ptex/web2c73.html
(Mac) http://macptex.appi.keio.ac.jp/~uchiyama/macptex.html

また,以下のウェブページが大変参考になりますので, ご参照ください。
http://oku.edu.mie-u.ac.jp/%7Eokumura/texfaq/pdf.html

戻る

Q25:TeX・LaTeXで標準のComputer Modern (cm)フォントを使いたい。
A

フォントの制限は,すべてのユーザが問題なくPDFを閲覧できるように設けました。cmフォントをPDFに埋め込めばどのような環境でも閲覧できますので,cmフォントをご使用頂いてもかまいません。ただし,フォントを埋め込みますのでPDFファイルのサイズが若干大きくなることがあります。 このページで用意したサンプルではtxfontsパッケージを利用してcmフォントなどをTimesなどに置き換えています。txfontsでは,数式も含めてフォントを配置しなおします。これを利用することでファイルサイズの小さなPDFを作成できます。デザインは,それぞれ好みがあるでしょうか,txfontsのほうが好ましいという意見もあるようです。詳しくは下記のウェブページなどをご参照ください。


http://oku.edu.mie-u.ac.jp/%7Eokumura/texfaq/pdf.html
なお,txfontsを使ったサンプルのファイルサイズは7,090バイト,cmフォントを使うと16,601バイトとなりました。

戻る

Q26:"登録"ボタンを押したのに反応がない。
Q27:"登録"のボタンを押すと入力したはずの必須項目が消えて、登録できない。
Q28:手順通りうまく登録できない。
A よくある原因として回線の混雑が考えられます。こちらは光ファイバー回線を使用し対策をとっておりますが、こちら側だけの問題に限らず、ルート全体の混雑が予想されますのでお手数ですが時間をおきまして再度ご登録下さい。
また、Unix系のOSには日本語入力対応がまだ不十分なものがあります。日本語入力がうまくいかない場合には、WindowsまたはMacOS搭載のパソコンからご登録下さるようお願いします。どうしても登録できない方は、jgs-tk@gakkai-web.netまでご連絡下さい。
戻る

Q29:混雑して登録できないということはないのか?
A インターネットでこのような申込を受け付けるという場合、全く問題が無いとは言えません。その時々の状態によってはあり得ると考えていただいた方が良いかもしれません。その意味でもできるだけ早い時期での登録をお願いいたします。
こちらでは万全の体制を準備しておりますが、万一の際を想定してセカンダリーサーバーを別途用意しております。
戻る

Q30:セキュリティは大丈夫なの?
A ご存知のように、インターネットでの情報のやりとりには危険があることは事実です。データを送信している間にウォッチされたり、公開されているデータベースにいたずらされる可能性があります。会員認証やパスワード管理、定期的なバックアップ、送信メールの控え、ファイアーウォールの設置などの体制はとっておりますが、どのようなサーバーでも、セキュリティ対策が完全ということはありません。もともとインターネット上に公開している情報(データ)は「見せるためのもの」つまり「見られて構わないもの」がほとんどです。今回のように一度登録した情報を後で修正できるような場合は常に情報が公開されていると考えても間違いはありません。カード情報や暗証番号等を入力していただくわけではありませんので致命的なトラブルにはならないと考えておりますので、その点お含みおきください。障害情報など常にトップページ上で更新していきますので、登録された方はそちらをご覧下さい。
戻る

■ トップへ戻る ■
WEB登録のお問合せ:jgs-tk@gakkai-web.net