プログラム概要
2019年5月13日(月)
ワークショップオープニング
10:15-10:30
開会あいさつ
 
日高 秀人ICD委員長(ルネサスエレクトロニクス株式会社)
永田 真(神戸大学)
招待講演1
10:30-11:20
Googleが開発したニューラルネット専用LSI「Tensor Processing Unit」
 
佐藤 一憲(Google)
11:20-12:10
AIチップを用いたエッジコンピューティングとスマートセンシング
 
高浦 則克(日立製作所)
12:10-12:50
昼食(講演者昼食会)
12:50-14:20
ポスターセッションⅠ
招待講演2
14:20-15:10
大規模AIクラウド計算システム「ABCI」の構築と利用普及に向けた取り組み
 
小川 宏高(産業技術総合研究所)
15:10-16:00
機械学習(ML)を活用したEDAソリューション ~検証TATを10倍改善~
 
上田 淳(日本シノプシス)
16:00-16:20
休憩
招待講演3
16:20-17:10
Single Board ComputingによるEdge Deep Learning
 
須藤 晋一(LeapMind)
17:10-18:00
事例から見るAIハードウェアの必要性
 
根岸 史季(Intel Corporation)
18:00-18:20
休憩
18:20-20:20
バンケット
2019年5月14日(火)
招待講演4
9:00-9:50
オンデバイス学習による教師無し異常検知ハードウェアとその応用
 
松谷 宏紀(慶応大学)
9:50-10:40
Deep Learning推論演算の高効率化 ~アルゴリズムとハードウェアの協調設計~
 
出口 純(東芝メモリ)
10:40-11:30
高性能汎用GPUのハードウエア実装からシステム実装までの最先端技術
 
馬路 徹(nVIDIA)
11:30-12:10
昼食(講演者昼食会)
12:10-13:40
ポスターセッションⅡ
招待講演5
13:40-14:30
深層学習とそのワークロード
 
丸山 宏(Preferred Networks)
14:30-15:20
サステイナブル社会の実現へ向けたエッジAIコンピューティング
 
廣井 聡幸(ソニー)
15:20-15:40
休憩
パネルディスカッション
15:40-17:10
AIハードウェアは何をどこまでできるのか ~現在、5年後、10年後~
 
松谷、出口、馬路、丸山、廣井、根岸
17:10-17:30
表彰式
17:30-17:50
クロージング