電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
CI-4-6
有機薄膜太陽電池の都市機能への融合 -建築設備分野を中心に-
吉本尚起(日立)
有機薄膜太陽電池の光透過性を活用して、建築設備への融合を検討している。光透過性有機薄膜太陽電池シートを窓面に設置することで、窓面での太陽光発電と同時に、室内に入り込む日射を抑えることができ、空調負荷低減の総合効率として機能する建築設備を構成した。また、有機薄膜太陽電池のシート表面から発生する太陽光吸収熱に着目し、太陽熱の上昇気流を発生させて室内の換気機能に応用するソーラーチムニーの試作にも取り組んでいる。有機薄膜太陽電池の排熱は理想的な上昇気流を構築し、0.1~0.2 m/s程度の風速を生み出す自然換気システムを構築できることを示した。