電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
CI-1-3
紫外領域における半導体エミッタの進展
吉田治正(三重大)
紫外線応用では,用途に応じた光源の波長が選択される.紫外域で動作する半導体エミッタにはコンパクト等の特長から計測,分析,殺菌をはじめ材料加工など様々な応用が考えられる.しかし半導体エミッタでは,短波長化の困難さのために短い波長での実用化は十分進んでいない.本報では,LDなど紫外半導体エミッタの短波長化と高出力化における最近の進展について概観すると共に,深紫外領域への動向について触れる.