電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-14-14
分散マネージメントファイバによる光パルス圧縮を用いたビート出力増大におけるRF周波数の広帯域化
◎カレンベラ レインハード・山口剛史・戸田裕之(同志社大)
我々は,光ビート法による高周波(RF)発生において,光2トーンなどの種光パルスを光ファイバに伝搬させてパルス圧縮を行い,RF出力の増大を図る手法について検討を行っている.前回,正常分散ファイバと異常分散ファイバを平均分散が0となるように接続した分散マネージメント光ファイバ(DMF)において,RF出力が増大する条件があることを明らかにした.今回,RF周波数100GHzにおいて,DMFの構成は複雑となるものの,2組の分散補償とすることで,1オクターブ近いRF周波数にわたって4.5dB以上のRF利得が得られる見通しを得た.