電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-14-13
複屈折光ファイバと光位相変調器を用いた光ビート生成信号の位相制御
◎伊藤翔太・上原知幸・辻 健一郎(防衛大)
光波の干渉を利用して高周波電気信号を生成する光ビート法は、光ファイバ無線におけるマイクロ波・ミリ波帯信号を効果的に生成・制御できる手法として注目されている。我々はこれまでに、生成されたビート信号の周波数安定性を確保するため、1台の光源からの出力光を変調して、その上下の側帯波を利用する方法を検討してきた。しかし、従来の上下の側帯波を別の光路に分離して位相制御する方法では、光路長の変化がビート信号の位相ドリフトを引き起こす問題があった。本報告では、複屈折光ファイバによる偏波回転を利用し、単一光路で位相ドリフト低減に有用なビート信号の位相制御系を提案するとともに、その動作を実験的に検証した。