電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-8-1
パルス論理の性質を活用した論理ゲートネットリストのRSFQディジタル回路向け変換
○鬼頭信貴(中京大)・高木一義・高木直史(京大)
単一磁束量子(RSFQ)ディジタル回路はパルスを用いて論理演算を行う.パルスを用いる特性を積極的に用いることで回路を小さく構成できることがある.人手による論理設計では,ゲートの複数の入力で同時に1を取らないものについて,クロック入力の必要なORやXORゲートの代わりにパルスを合流させるCB素子を用いる.これにより,ゲート自体の面積のほか,クロック配線の面積を削減できる.本研究では,半導体回路用に開発された論理合成ツールにより生成されたネットリストからRSFQ回路で実現する際CBに置換可能なORやXORゲートを判定するための手法を示す.また,実験により置換可能なゲートが少なくないことを示す.