電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-5-1
アークランナーを一体化した銀接点対間で発生させた開離時アークの輝点の移動特性
◎山下翔真・関川純哉(静岡大)
直流電圧回路の接点にランナーと接点を一体型にしたものを取り付け、陽極・陰極輝点共にランナー上を走行させることを提案する。本報告では、この提案に基づく実験を行い、陽極と陰極の輝点の移動特性を調べることを目的とする。回路電流I0を10A、接点開離速度v=50mm/sとする。電源電圧Eを200,250,300,350,400,450Vに設定し、それぞれの電圧値で5回ずつ開離させた。その結果、どの電圧値でも接点間で発生した開離時アークの両輝点がランナー上を走行し、ランナーの上端まで移動した。開離時アークの陽極・陰極輝点はどちらも引っ掛かりなくランナーに移動しその上を走行した。