電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-4-22
1.3 μm帯直接変調型DFB レーザの53.2 Gbit/s NRZ uncooled動作
○関野裕司・中島崇之・笹田紀子・向久保 優・胡 匡洋・早川茂則・岡本 薫・直江和彦(日本オクラロ)
1.3 μm帯において53.2 Gbit/s NRZ 動作するuncooled直接変調型DFBレーザを開発した.MQWへのΓを向上させたことにより,20℃から80℃の広い温度範囲において高いfrを実現できた.その結果, BTBと2 km伝送後において良好なEye開口を確認できた.本開発の素子は、次世代の400Gbit/s光通信を実現するために有望な素子であると考えられる.