電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-3-28
多チャンネル螺旋状長周期ファイバグレーティング
◎石神翔馬・朱 程亮・李 洪譜(静岡大)
OAM変換器やWDM計測へ応用可能な多チャンネル螺旋状長周期ファイバグレーティング(HLPG)の作製法について,提案・実証する.HLPGの各周期の位相のみをサンプリングにより変調させることで多チャンネル化の実現を試みた.チャンネル数が3および9のものについて,位相分布関数の最適化を行うとともに,伝達行列法によるシミュレーション,さらには実際の作製を行った.作製にはCO2レーザーとサファイア結晶管を組み合わせた,ファイバを間接的に加熱,螺旋構造を形成する方法を用いた.実際に作成された多チャンネルHLPGはシミュレーション結果と類似した透過スペクトルを示した.