電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-3-23
赤外中空光ファイバ用矩形中空導波路型分岐素子-テーパ導波路の導入による小型化―
◎田村 紳・片桐崇史・松浦祐司(東北大)
最近注目されている量子カスケードレーザなどの新しい中赤外光源と,中赤外光の低損失伝送が可能な中空光ファイバを組み合わせれば,新しいさまざまな中赤外応用システムの実現が期待される.しかし中赤外領域では,これまで分岐,結合などの機能を有する光ファイバ型素子はほとんど存在していないため,その一つとして我々のグループでは,矩形中空導波路を用いた2分岐素子を提案し,その基本特性を報告した.今回は矩形中空導波路による分岐素子の小型化を目的として,テーパ状の導波路の導入について検討したので報告する.