電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-3-20
波面整合法設計による広帯域シリコン4モード合分波器の提案
◎澤田祐甫・佐藤孝憲・藤澤 剛・齊藤晋聖(北大)
光ファイバによる長距離光伝送技術に加え,莫大なデータの処理が要求されるデータセンタにおいて,LSIチップ内の超短距離光伝送技術への需要が急増している.こうした中,WDMとMDMを併用する多重化技術が期待されており,モード多重数に比例して伝送容量を拡大することが可能である.そのような系においては,複数の波長を同時に扱うため,各種モード制御素子の広帯域動作が要求される.代表的なモード合分波器として,非対称方向性結合器型が多く報告されているが,波長依存性が大きいという問題がある.そこで,フルベクトル有限要素ビーム伝搬法に基づく波面整合法を用いて広帯域シリコン4モード合分波器を設計・提案する.