電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-3-19
空間モード制御光デバイスにおける分散特性評価に関する検討
◎佐藤孝憲・澤田祐甫・藤澤 剛・齊藤晋聖(北大)
光通信容量拡大に向けて,モード分割多重(MDM)を利用した光デバイス開発が盛んに行われている.近年,より小型かつ高性能なMDM用光デバイスの実現を目的として,直接二分探索法,トポロジー最適化手法,波面整合(WFM)法など,数多くの設計手法が提案されてきた.通常,このような最適化によって得られた構造は,極めて複雑な形状を有しており,無数の共振モードとの結合によって伝搬される場合がある.しかしながら,このような最適化適用構造の特性評価においては,透過特性のみの評価にとどまっていた.そこで,不連続構造を有する空間モード制御デバイスの分散特性評価手法を提案し,WFM法によって最適化されたデバイスの分散特性を調査したので報告する.