電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-3-1
WINC型3dBモードディバイダに基づく広帯域マッハ・ツェンダー型モード合分波器
◎工藤未彩・太多 惇・藤澤 剛(北大)・坂本泰志・松井 隆・辻川恭三・中島和秀(NTT)・齊藤晋聖(北大)
近年,光ファイバ一本あたりの伝送容量を拡大するため,モード分割多重 (MDM) 技術が注目されており,その実現のためにはモードを励起・多重・分離するモード合分波器が必要不可欠である.波長分割多重 (WDM) とMDMを併用する場合,非対称方向性結合器 (ADC) 型モード合分波器では,中心波長から離れるに従って損失およびクロストークの増大が問題となる.一方,マッハ・ツェンダー (MZ) 型干渉計は,分岐された二つの経路で光路差を生じさせることで波長に対し周期的な透過スペクトルが得られるため,我々はMZ型モード合分波器を提案してきた.MZ型モード合分波器を広帯域に動作させるためには,広帯域3dBモードディバイダが必要となる.そこで本研究では,波長無依存 (WINC) 型3dBモードディバイダ,およびそれに基づくMZ型モード合分波器の提案を行っている.