電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-2-61
60GHz帯NRDガイド給電トリプレート型平行2本線路
○千田純一・江口正徳・黒木太司(呉高専)
現在最先端ロボットの登場により工場の無人化が進んでおり、工場内自立走行型産業用ロボットの位置確認を数mmの精度で行うことが求められている。
位置確認システムには民生用GPSが挙げられるが、誤差が数m~数十m程度発生することや、障害物の多い場所では使用できないということから、工場内の四隅に基地局を設置し、基地局から水平偏波を有するミリ波を送信してそれを工場内のロボットが受信して自分の位置を認識するシステムを検討している。このシステムの受信側においては全方位から到来する水平偏波が受信可能な、無指向性ループアンテナが望まれる。そこで本論ではミリ波回路を構成するNRDガイドとループアンテナを給電する平行2本線路との変換について考察した。