電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-2-56
磁気共鳴周波数下側帯域における擬似進行波共振器のビームスクイント低減
○金田拓海・上田哲也(京都工繊大)・原 誠・高橋康夫(川崎重工)
非相反CRLH メタマテリアルを用いた擬似進行波共振器は,小型でかつ高効率な漏れ波アンテナを実現できる.従来の漏れ波アンテナでは,線路の周波数分散によりビーム角が変化してしまうビームスクイントの問題があるのに対して,この共振アンテナのビーム方向は,非相反性の分散制御により低減化が可能である.本稿では,磁気共鳴周波数の下側帯域において動作する擬似進行波共振アンテナを設計し,前方から後方に亘るビーム走査において,ビームスクイントが低減できることを数値計算により確認したので,これを報告する.