電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-2-55
二次元不定媒質における分散特性の等価回路を用いた検討
○塩見英久・真田篤志(阪大)
不定媒質は誘電率及び透磁率テンソル全ての要素が同じ符号を示さない媒質である.不定媒質はkx-ky平面内で等周波数線が双曲形になる様な強い異方性を示す.この時,異方性媒質中ではエネルギーの伝達する方向と等移相面の進行する方向が異なり,特に等周波数線が双曲形になるような異方性を示す場合,進行する波が焦点を結ぶメタレンズを構成することが可能である.本報告では,著者らが提案した不定媒質の等価回路モデルを用いた,二次元不定媒質の分散特性の検討について述べる.