電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-2-47
90GHz以上で利用可能な可撓性導波管の検討
○渡邊 正・伊藤圭吾(オリンパス)・末定新治・村上哲彦(福井県工技セ)
先行検討(60GHz向け可撓性導波管の検討=2017信学ソ大にて報告済み)で用いた構成と、ここで得た知見とを、より高い周波数帯に適用した。具体的には、90GHzを超える周波数帯域向けの可撓性導波管を試作し、その特性を測定したので、この結果を報告する。