電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-2-37
広い周波数比を有するデュアルバンドWPDの設計
◎宋 安・馬 哲旺(埼玉大)・王 小龍(吉林大)・大平昌敬(埼玉大)
デュアルバンド (DB) ウィルキンソン電力分配器(WPD) に関する研究開発は盛んに行われている.二つの伝送線路を用いてDBWPDが報告されているが,その二つの伝送線路の長さが等しいため,二つの帯域の周波数比の範囲が狭く,1から3までに制限されるという問題点がある.それに対して,任意の周波数比を持つ DBWPD の設計理論が提案されている.しかし、その理論では左側の伝送線路の長さl1と右側のそれl2の関係がl1小なりl2の場合のみ検討されている.本報告では,その理論を拡張することを目的に,二つの伝送線路の長さの関係が l1大なりl2の場合について,任意の周波数比で DBWPDが設計できることを示す.