電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-1-6
OAM通信用ループアンテナの放射電磁界が放出する軌道角運動量の解析
○斉藤 昭・大塚啓人・山岸遼平・石川 亮・鈴木 博・本城和彦(電通大)
OAM通信は異なる軌道角運動量を有する直交電磁界を用いた固有モード伝送により多数の直交伝搬路が実現でき、通信周波数利用効率の飛躍的向上が期待される。ループアレイを用いたOAM通信方式は、OAM波を直接放射するシンプルな構成であり、ここではループアンテナ放射電磁界の軌道角運動量を解析的に評価した。