電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
BT-1-2
集団スポーツ選手を対象とした生体情報センシングとリアルタイムデータ収集
原 晋介(阪市大)
運動している集団スポーツ選手の生体情報をセンスし,そのデータをリアルタイムに収集することは,健康管理,怪我・疾病予防,根拠に基づく練習や運動能力同定に役立つ.このような生体情報収集システムでは,運動中でも生体情報を正確にセンスできるセンシング法と,センスされた生体データを高信頼に収集できるワイヤレスネットワーキング法が重要な研究開発課題となる.
運動中の生体情報をセンスできるシステムやデバイスは現在市販されているが,それらは現場での要望を必ずしも満足していない.本論文では,我々が研究開発しているシステムの生体情報センシング法とワイヤレスネットワーキング法を解説する.