電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
BK-2-1
論文の書き方
塩川茂樹(神奈川工科大)
論文の最も基本となる目的は,読者に対し,論理的に積み上げていくことで,その論文の
主張を導くことである.しかし,そのような論文を書くことは難しく,論文の書き方の上達
にはある程度の時間と継続的な執筆指導の努力が必要である.通信ソサイティでは,論文の
書き方を広く深く会員に浸透させるために,論文の書き方講座」を開催する.