電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
BI-9-2
海洋中における電磁波を利用した位置測距の検討
○石井 望(新潟大)・高橋応明(千葉大)・陳 強(東北大)・吉田 弘(JAMSTEC)
本稿では,kHz 帯の低周波の電波を用いた新たな海中測位法を構築するために必要な要素技術について解説する.海水中で動作するアンテナ系の設計,実現法,海面近傍における海水中伝搬に関する近似式の修正について示す.位置測距について,ラテラル波の影響およびアンテナの指向性を考慮することで,実用上問題のない位置推定が可能であるという数値シミュレーション結果を示す.さらに,実験室レベルでの海水中測定を可能とする疑似スケール則について説明する.