電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-21-23
ドローンへの無線給電におけるビーム指向性の最適化
○水口翔太・河野隆二(横浜国大)
近年,ドローンの普及に伴い様々な分野においてドローンの応用が期待されている。しかし,ドローンの飛行時間は30分程度が現状である。そこでドローンへのWPTに着目する。ドローンへの給電を考えるときアレーアンテナを用いてビームを形成し,電力を送信する。このときドローンがビームのメインローブから外れる可能性を考慮して最適なビーム幅を本研究では考える。