電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-21-15
パーソナルモビリティにおける非接触給電システムの開発
◎一條裕貴・乗田篤志・佐藤 拓・山田 洋(仙台高専)
 近年、スマートモビリティ社会の実現へ向け、電気自動車やパーソナルモビリティへの非接触給電技術が注目されている。そこで本研究では、パーソナルモビリティにおける非接触給電システムの開発を目的としする。移動体への非接触給電において、送電側と受電側の位置ずれに対する伝送効率の変動が小さいことが望ましい。筆者らは低結合条件において高効率を得られる特徴を有するLCブースター方式ならば位置ずれを許容できると考えた。本報告では同方式における非接触給電システムの設計手法を定めた上で実際に試作し、その有用性を評価した。