電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-20-14
心電波形解析を用いた最大心拍数,AT 推定
○樋口雄一・松浦伸昭・都甲浩芳(NTT)
心拍数を元にしたトレーニング方法は一般的に広く利用されているが,カルボーネン法を用いて運動強度に換算することが必要となる。運動強度換算には最大心拍数を必要とし,限界まで運動して取得するという大変な労力を伴う。
簡易な最大心拍数推定方法として年齢を基準に推定する方法があるが,誤差が大きい。一方,有酸素運動か無酸素運動かを切り分けるAT を基準にすることで効果的なトレーニングが実施できる。AT 推定では呼気ガス測定器や採血などを必要とし,簡易に測定できるものが無かった。今回,心電波形から最大心拍数を推定する方法,AT を推定する方法を提案する。