電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-18-12
経路断またはレーダ検出時においても通信断が生じない無線マルチホップネットワーク
◎高橋弘樹・熱田 隆・落合庸央(モバイルテクノ)
製造・生産現場における無線化においては,信頼性が低い,通信の遅延が発生する,といった課題がある.そこで,無線LANシステムに,最適周波数制御,送信タイミング制御,送信パワー制御,リアルタイム経路制御等の制御機能を盛込み,高信頼かつ低遅延な無線通信を実現するWLAN-Advancedを開発した.本稿では,障害物等により電波が突然遮断された場合や,気象レーダを検出した場合について,WLAN-Advancedの通信継続性を確認する.