電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-18-9
走行モニタリングにおける物体追跡に基づく送電指向性制御方式
○藤井正明・辻 直樹・今井 悠・増田重巳(ミネベアミツミ)
社会インフラ構造物のヘルスモニタリングにはバッテリーレス·ワイヤレスセンサの利用が有効であり、そのためにはマイクロ波電力伝送によるセンサと送信モジュールへの給電が望まれている。今回、トンネル内部に重量付帯設備を固定する金属ボルトの緩みを監視するボルト軸力センサを対象として、高速に移動する車載カメラ画像からの物体(受電アンテナ)追跡技術と送電用車載アンテナアレーの指向性制御を想定したシステムの送電効率及び累積受電量を評価したので報告する。