電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-17-19
LPWAにおけるサイトサーベイ効率化を目指した測定エリア削減アルゴリズムの検討
◎宮武 遼・淺井裕介・須﨑皓平・芝 宏礼(NTT)
固定設置での利用が想定されるLPWAにて,通信品質が劣悪な場所へ端末の設置を行うと長期的に通信が不能となる.そのため,パケット誤り率(PER)による正確な品質測定に基づき置局設計を行うことが望ましいが,広域エリアのPER測定は手間を要す.そこで少数回のRSSI測定から計算できるRSSI範囲からPERの測定要否を判断することでPER測定エリアを削減するアルゴリズムを提案し実験により有効性を確認.