電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-16-10
グラフ上の制約付きランダムウェイポイント移動モデルの特性に関する一検討
◎松井大樹・大崎博之(関西学院大)
グラフ上の離散ランダムウォークに代表される、グラフ上の移動エージェントの移動モデルとその特性に関する研究が近年活発に行われている。本稿では、グラフ上の直進性を有する移動モデルとして、平面上の RWP (Random WayPoint) 移動モデルをグラフ上に拡張した、制約付きランダムウェイポイント CRWP (Constrained Random WayPoint) 移動モデルの特性(定常状態における各ノードの滞在確率および平均再訪間隔) を解析的に導出する。