電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-16-6
通信中の通信品質の劣化を改善するサーバおよびパス選択手法についての研究
◎西牟田裕之・野林大起・池永全志(九工大)
インターネットトラヒックは年々増加しており,なかでもビデオコンテンツは大きな割合を占めている.ビデオコンテンツの配信には,負荷分散と通信品質の確保を目指して Content Delivery Network (CDN) と呼ばれる技術を活用している.現状の CDN 等では,通信を開始すると,通信経路に輻輳が生じても接続先を基本的に変更しない.そのため,継続時間の長い通信を扱う際に,従来の技術では接続後の通信品質の劣化に対して十分に対応できない可能性がある.そこで,本研究では,通信中に通信品質が劣化した場合に対応可能な手法を提案する.