電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-15-13
スマートスピーカを活用したリマインダシステムの提案
◎鈴村礼治・大山 実(東京電機大)
筆者らはユーザが入力したタスクからそのタスクの達成可能な場所を推定し,通知に適切な位置を自動的に決定し通知を行うリマインダシステムを開発している.このシステムはスマートフォンのアプリケーションとして実装されている.スマートフォンというデバイスの性質上,タスクの入力にはキーボード操作などの「タッチ操作」が必要になる.しかし,タスクを入力したいと思い立った際,ユーザは手が離せない状況にある場合も考えられる.そこで筆者らはスマートスピーカに着目した.本稿では,筆者らが開発中のリマインダシステムとスマートスピーカとを連携したシステムについて提案する.