電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-15-11
ナローバンド通信を用いた無人都市型マルシェシステム
◎谷 奈津実・長谷川治久(日本女子大)
近年、ガーデニングなど趣味の範囲で農作物の生産を嗜む人が存在するが、市場への流通は難しい。そこで、無人販売方式にAIやデータベース機能を搭載してIoT化することで"IoTによる都市型マルシェ"を確立し、地産地消を活性化させることを考える。今回の報告では、システムの要求条件と課題について考察を行い、解決策を検討した。商品管理の方法については、ナローバンド通信で画像認識AIによる商品判別を実現するため、エッジコンピューティングの適用を提案した。データ管理の方式については、店舗とサーバ間の通信頻度について検討を行い、MQTTを利用した定期通信機能と予約機能を有するデータ管理システムの構成を提案した。