電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-15-6
差動色偏移変調方式を用いた長距離型LED-スマートフォンカメラ間通信
◎外園悠貴・長谷川浩市・成末義哲・森川博之(東大)
情報を発信するデバイスが周囲にあふれる IoT 時代において,ユーザがスマートフォンのカメラをかざした範囲から直感的に情報を取得する手段として,LED-スマートフォンカメラ間通信の研究開発を進めている.
本稿では,遠方の LED光から情報を取得することを目標とし,カメラの画面に数ピクセルのみ写るLED光からの復調を可能とする長距離型LED-スマートフォンカメラ間通信方式を示す.CMOS イメージセンサのローリングシャッター方式に基づく撮像では,ライン(画面の行)ごとに露出が行われるため,LED光の画面内位置によって撮像タイミングが異なる.この問題に対し,露出の周期性に着目してLEDの色を循環的に切り替え,連続フレーム間で撮像される LED光の色偏移に情報を付加する差動色偏移変調方式を設計することで,口径10mmの小型LEDから,60bpsの通信を最大3.2mの通信距離で実現できることを示す.