電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-14-5
位置情報形P2Pネットワークによる近接通信基盤の実装
○下村勇介・三好 匠(芝浦工大)・オリヴィエ フルモー(ソルボンヌ大)
近年,ユーザの現在位置情報を用いた様々なネットワーク構築手法が提案されている.これらの手法は,現在位置情報を用いることで容易に物理的な位置情報に基づくネットワークが構築可能である.本稿では,位置情報に基づくP2Pネットワークを用いた近接通信基盤G-LocON(Geo-Location Oriented Networks)を提案する.