電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-13-24
点検対象設備の特定手法の検討
○松本千春・本多竜二・梶原佳幸(NTT)
モービルマッピングシステム(MMS)を用いて計測した3D 点群データから円柱状の構造物を抽出したポールモデルの中から、点検対象設備を機械的に特定するため、電柱情報を管理している設備DBと、ポールモデルが共通して保持している情報を用いた特定アルゴリズムを検討した。