電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-13-14
強結合型マルチコアファイバの空間モード分散分布測定法における測定距離拡大に関する検討
◎大野槙悟・戸毛邦弘・真鍋哲也(NTT)
強結合型マルチコアファイバの空間モード分散(SMD)分布測定法の測定距離拡大手法について報告する.これまで我々は,従来不可能だったSMDの非破壊分布測定を実現する新規測定法を提案・実証してきた.本測定法はコヒーレント光周波数領域反射測定法(C-OFDR)で観測される後方レイリー散乱光振幅分布を用いることでSMD分布測定を実現するが,測定可能距離がC-OFDRの受信系帯域により制限されるという問題があった.そこで本稿では,帯域分割OFDRを本測定法に応用することにより測定距離拡大を実現したので,これについて報告する.