電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-13-9
分布荷重下の円環に対するBGSに基づくひずみ計測の誤差
◎西村研人・成瀬 央(三重大)
円環周上の光ファイバで観測されるブリルアンゲインスペクトル(BGS)のモデルを⽤いた円環のひずみ計測⽅法を提案し、観測条件と計測誤差の関係も明らかにしている。ここでは分布荷重下の円環に対し、本⽅法のひずみ計測誤差をシミュレーションで調べている。BGSに基づく円環ひずみ計測の誤差は、ひずみが滑らかな分布荷重の⽅が集中荷重より⼩さくなった。