電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-13-8
BGS非負値行列因子分解によるひずみの解析
◎藤本拓哉・成瀬 央(三重大)・西野隆典(名城大)
光ファイバに沿って観測されたブリルアンゲインスペクトル(BGS)に, 非負値行列因子分解を適用した新しいひずみの解析方法を提案し, その有効性をシミュレーションによって明らかにした. 本方法では各ひずみ計測位置においてBGS観測区間に含まれる最大と最小のひずみが検出される.