電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-10-51
非線形波形歪み補償におけるボルテラフィルタ及びニューラルネットワークの計算量の削減
◎大塚優太・福本悠太・中村守里也(明大)
光ファイバ通信において、自己位相変調(SPM)などの光非線形効果に起因する波形歪みが解決すべき課題となっている。非線形等化による補償方法としてはボルテラフィルタ(VSTF)が知られている。しかし、VSTF の欠点として計算量が膨大になることがある。我々は計算量の少ないニューラルネットワーク(ANN)による非線形補償方法を提案してきた。今回、VSTF 及び ANN における計算量の削減方法を提案し、比較検討を行ったので報告する。