電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-10-12
屈折率分布型プラスチック光ファイバによる光伝送システムの非線形応答特性の改善
◎村元謙太・井上 梓・小池康博(慶大)
近年,家庭内への4K/8Kテレビ普及のために,大容量4K/8K映像を伝送する技術として,4値パルス振幅変調(PAM4)を用いた光ファイバ伝送が検討されている.しかし,PAM4は従来の2値伝送よりも雑音や非線形歪み等による伝送品質劣化の影響を受けやすいため,高安定な信号伝送技術が要求される.本報告では,我々が新たに開発した低雑音性屈折率分布型プラスチック光ファイバ(GI型POF)を用いることで,光伝送システムの非線形応答特性が大きく改善することを実証した.低雑音・低歪みな信号伝送を可能とする低雑音性GI型POFが,4K/8K映像多値伝送ケーブルとして極めて高い優位性を持つことが示唆された.