電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-10-9
低雑音性プラスチック光ファイバの不均一構造の最適化
◎明石 健・井上 梓・小池康博(慶大)
屈折率分布型プラスチック光ファイバ(GI型POF)は柔軟性,安全性,広帯域性に優れ,一般消費者向けの大容量通信媒体として期待されている.最近,GI型POFがポリマー材料固有のミクロ不均一構造に起因する雑音低減効果を有することが明らかになってきた.本研究では,より低雑音性に優れたGI型POFの設計指針を得るため,ミクロ不均一構造によって生じる誘電率揺らぎがGI型POFの伝送特性に与える影響を評価した.誘電率揺らぎのスケールが大きいほど,より大きな雑音低減効果を発現したことから,GI型POFのミクロ不均一構造制御により,誘電率揺らぎのスケールを最適化することで,さらなる低雑音伝送が実現できると考えられる.