電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-8-25
VLANを用いたMQTT通信の通信遅延時間評価
◎佐々木裕也・横谷哲也・向井宏明(金沢工大)
Internet of Things(IoT)の普及に伴い、MQTTといったIoT向け通信プロトコルの議論が活発に進められている。既存のインタネットのほとんどがIPに基づいた通信を行っている。IoTにおいてIPに基づいた通信では情報が物理的な場所に依存し、1つの情報にアクセスが集中すると通信遅延を引き起こすと考えられる。IoTにおいてこの通信遅延が引き起こされる問題はICNを使うことで解決できるとされている。
本稿では、より高速且つ軽量なIoT通信を目的としたレイヤ2ネットワークのVLANを使用しMQTT通信を行う方式の性能評価を行う。