電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-8-22
TDM-PON適用モバイルフロントホールの低遅延化に向けたタイムスロット割り当て方式の最適選択
○更科昌弘・鹿嶋正幸・佐々木浩紀(OKI)
本稿では、パケット発生タイプ別に最適なタイムスロットの割り当て方を選択することで、必要となるタイムスロット数を削減できることを示した。