電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-8-10
電力線通信(PLC)システムにおける瞬時電源周波数同期重畳図-その2:第1バースト信号描画位置依存性の検証方法-
後藤碩志・○上村 綾・阿部 航・喜田健司(東洋大)・石川博康(日大)・篠永英之(東洋大)
著者らは電力線通信(PLC)システムにおける瞬時電源周波数同期重畳図-その1:瞬時電源周波数同期重畳アルゴリズム-において、瞬時電源周波数同期重畳図の詳細作図アルゴリズムを提案した。提案アルゴリズムに第1バースト信号描画位置依存性がある場合、同一のパケット補足データと瞬時電源周波数データを用いて作図しても第1バースト信号描画位置が異なると本重畳図の概形が変化する。そのため、本稿では提案アルゴリズムにおける第1バースト信号描画位置依存性について説明し、依存性の有無やその大小の検証方法を新たに提案する。