電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-8-6
UDP通信時における電力線通信(PLC)システムのシステム固有周期重畳図 -その1:システム固有周期探索アルゴリズムの改良-
◎阿部 航・後藤碩志・上村 綾・喜田健司(東洋大)・石川博康(日大)・篠永英之(東洋大)
電力線通信(PLC)システムにおいてシステム固有周期探索アルゴリズムを提案した。システム固有周期探索アルゴリズムとは、Step1:バースト信号内先頭パケットの特定、Step2:第1バースト信号の特定、Step3:第1バースト信号受信時間間隔代表値候補の決定、Step4:第1バースト信号受信時間間隔の高精度化、Step5:システム固有周期の決定の5Stepからシステム固有周期重畳図を作成するためのシステム固有周期を決定するアルゴリズムである。本稿ではStep2に下限値と上限値の追加、Step2とStep3に条件を設けたループ処理の追加をして、複数システムが混在するような通信環境下で適用可能なシステム固有周期探索アルゴリズムを提案する。